ホーム > 研究報告

研究報告

研究報告

森林研究所(林業技術センター,林業試験場時代も含めて)
の研究報告については全てPDFファイル化がされており,
本WEBサイト左側の研究データベースコーナーで,
研究所:森林研究所
フリーワードで検索:著者名,タイトル名など
を入力すると,PDFファイルにたどり着けることになっております。




以下は基本情報のみの羅列です↓。

西暦年,著者1,著者2,著者3,著者4,著者5,著者6,主題,副題,所属,No.,ページ,元号年,月,備考
2011,小林裕之,,,,,,効果的な森林管理のためのカシミール3D用データ集の作成,,森,森03,14-22,H23,3,
2011,高橋由佳,,,,,,ポットを用いた広葉樹の大苗生産,ポット容量,育苗場所の違いによる場播種後1年間の成長比較,森,森03,23-33,H23,3,
2011,高畠幸司,,,,,,カシノナガキクイムシによるミズナラ被害材を利用したシイタケ,ナメコ栽培,,森,森03,1-9,H23,3,
2011,高畠幸司,加藤肇一,甲知美,,,,ヤマブシタケ菌床栽培における子実体の生育ステージと栄養成分との関係,,森,森03,8-13,H23,3,
2011,松浦崇遠,西村正史,,,,,殺虫剤の樹幹散布によるナラ類枯損被害の予防効果,,森,森03,34-46,H23,3,
2010,相浦英春,大宮徹,,,,,スギ林の強度間伐が林内の光環境と下層植生に与える影響,,森,森02,1-9,H22,3,
2010,嘉戸昭夫,田中和博,,,,,ボカスギ林におけるシステム収穫表の成長パラメータ,,森,森02,10-17,H22,3,
2010,小林裕之,,,,,,森林情報発信のためのGoogle Earth用データの作成,,森,森02,18-25,H22,3,
2010,図子光太郎,,,,,,富山県におけるスギ生育適地の空間分布推定のための数値地形解析に関する研究,,森,森02別冊,1-62,H22,11,博士論文
2010,高畠幸司,,,,,,ナメコ,シイタケ菌床栽培の子実体形成の及ぼす海洋深層水添加の影響,,森,森02,26-32,H22,3,
2009,嘉戸昭夫,,,,,,ボカスギとタテヤマスギの若齢林における冠雪害に対する立木密度の影響,,森,森01,32-43,H21,3,
2009,嘉戸昭夫,田中和博,,,,,タテヤマスギ林におけるシステム収穫表の成長パラメータ,,森,森01,44-51,H21,3,
2009,高橋由佳,長谷川幹夫,,,,,72年生スギ人工林における埋土種子密度と種構成,,森,森01,23-31,H21,3,
2009,中島春樹,,,,,,富山県におけるミズナラ,コナラ堅果の成熟過程,ツキノワグマ大量出没予測のための着果状況調査適期,森,森01,16-22,H21,3,
2009,長谷川幹夫,,,,,,下刈り期間を変えたブナ人工林の若齢期における下層植物群落の構造とその変化,,森,森01,1-9,H21,3,
2009,長谷川幹夫,相浦英春,,,,,豪雪地のブナ人工林における若齢期の霜害と群落構造との関係,,森,森01,10-15,H21,3,
2008,嘉戸昭夫,図子光太郎,,,,,2004年台風23号により富山県西部のスギ林で発生した風害の要因解析,,森,林21,1-8,H20,3,
2008,嘉戸昭夫,図子光太郎,田中和博,,,,カワイダニスギ林におけるシステム収穫表の成長パラメータ,,森,林21,9-16,H20,3,
2008,園田里見,中谷浩,若島嘉朗,長谷川益夫,柴和宏,秦正徳,平成19年(2007年)能登半島地震における木造住宅の被害,,木,林21,42-51,H20,3,
2008,高畠幸司,,,,,,エノキタケ,シイタケ菌床栽培における深層水の注水液,浸水液としての利用,,森,林21,17-21,H20,3,
2008,田近克司,水本克夫,島郁夫,竹内正克,,,建築廃木材の炭化および製品化技術の開発(第2報),水蒸気賦活炭のおよび製品化技術の開発(第2報),木,林21,52-58,H20,3,
2008,中谷浩,秦正徳,若島嘉朗,園田里見,,,100年を経過した住宅の耐久性調査(第2報),柱材の腐朽と曲げ強度性能,木,林21,36-41,H20,3,
2008,松浦崇遠,,,,,,富山県産スギを対象とした若齢期における成長の系統間差と順位変動,,森,林21,22-29,H20,3,
2008,松浦崇遠,,,,,,富山県産スギ品種の心材色,,森,林21,30-35,H20,3,
2007,坂井正孝,橋本彰,,,,,連続含水率分布計測によるスギ心持ち柱材の高温乾燥,,木,林20,11-17,H19,2,
2007,中谷浩,秦正徳,若島嘉朗,園田里見,,,100年を経過した住宅の耐久性調査(第1報),部材の含水率と腐朽の状況,木,林20,18-20,H19,2,
2007,西村正史,松浦崇遠,高畠幸司,小林裕之,,,ナラ類集団枯損を引き起こすカシノナガキクイムシの富山県における生態と防除,,森,林20,1-10,H19,2,
2007,長谷川幹夫,,,,,,山地帯における人工林施業に起因する混交林の成立過程とその管理,,森,林20別冊,1-129,H19,3,博士論文
2006,相浦英春,,,,,,カワイダニスギ人工林における成長と間伐効果,,森,林19,16-23,H18,2,
2006,小林裕之,,,,,,3S技術(GPS,RS,GIS)の利用による森林管理業務の効率化に関する研究,,森,林19別冊,1-86,H18,3,博士論文
2006,斎藤真己,,,,,,スギ(Gryptomeria japonica D.Don)の雄性不稔性と低花粉アレルゲン(Cry j 1)性に関する林木育種学的研究,スギ花粉症の軽減に向けた育種的な対策,森,林19別冊,1-52,H18,3,博士論文
2006,園田里見,栗崎宏,柴和宏,,,,平成16年新潟県中地震における木造住宅の被害,,木,林19,40-58,H18,2,
2006,長谷川益夫,中谷浩,柴和宏,,,,富山県産スギ中径材の耐朽性,ドブ漬け防腐木製雪崩予防柵としての16年間の被害度変化,木,林19,24-33,H18,2,
2006,長谷川幹夫,,,,,,キハダ・ミズキが侵入したスギ人工林の林分構造に対する異なる保育作業の影響,,森,林19,1-9,H18,2,
2006,藤澤泰士,鈴木聡,中谷浩,近江正陽,富永洋司,,薄膜転写による住宅用内装材の開発(第2報),スギ材用転写薄膜の試作,木,林19,34-39,H18,2,
2006,松浦崇遠,,,,,,在来品種およびタテヤマスギの実性林分から選抜された精英樹等クローンの発根率,,森,林19,10-15,H18,2,
2005,嘉戸昭夫,松浦崇遠,相浦英春,安田洋,,,タテヤマスギ人工林の現存量と純正産量,,森,林18,5-15,H17,3,
2005,栗崎宏,水本克夫,,,,,シベリア産カラマツの浸透性改善技術,,木,林18,43-48,H17,3,
2005,鈴木聡,藤澤泰士,鷺岡雅,,,,北洋材廃材の液化と発砲断熱ボード化,,木,林18,36-42,H17,3,
2005,高畠幸司,,,,,,ヤマブシタケの子実体生育に伴う数種生理的機能性の変化,,森,林18,16-22,H17,3,
2005,中谷浩,秦正徳,柴和宏,園田里見,若島嘉朗,,スギ柱材の実大圧縮性能 U,限界細長比と座屈設計式の提案,木,林18,30-35,H17,3,
2005,西村正史,森靖弘,成田英隆,,,,ミズナラ枯損木の丸太の大きさに伴うカシノナガキクイムシの穿入孔数の違い,,森,林18,1-4,H17,3,
2005,長谷川益夫,,,,,,富山県における治山木杭の耐久性(第2報),皮付きと皮剥ぎ-塗布防腐処理スギ小丸太の耐用年数,木,林18,23-29,H17,3,
2004,相浦英春,,,,,,スギ挿し木6品種の幼齢期における生育特性,,森,林17,40-49,H16,2,
2004,石田仁,,,,,,富山県の天然林とその管理,基礎編,森,林17別冊,1-146,H16,3,
2004,石田仁,長谷川幹夫,西村正史,,,,暖温帯ブナ・イヌブナ人工林の28年生時の林分構造と生育状況,,森,林17,14-21,H16,2,
2004,嘉戸昭夫,西村正史,,,,,クロマツ海岸林の密度管理図,,森,林17,1-9,H16,2,
2004,高橋理平,栗崎宏,水本克夫,,,,スギ曲り材を利用したストランドランバーの製造(第2報),ストランドの配向角が曲げ強度性能に及ぼす影響,木,林17,61-64,H16,2,
2004,高橋理平,栗崎宏,水本克夫,,,,スギ曲り材を利用したストランドランバーの製造(第3報),ラップジョイントによるストランドの縦継ぎの影響,木,林17,65-68,H16,2,
2004,高畠幸司,作野友康,,,,,カニ殻粉末を利用したシイタケ菌床栽培,,森,林17,10-13,H16,2,
2004,中谷浩,坂井正孝,橋本彰,柴和宏,若島嘉朗,,シベリア産オウシュウアカマツの実大曲げ強度性能(T),構造用製材JASによる強度等級区分,木,林17,56-60,H16,2,
2004,長谷川益夫,,,,,,富山県産スギ3品種中径材の材質特性(第2報),ボカスギ,カワイダニスギ,タテヤマスギ; 野外杭試験による辺材と心材の耐朽性,木,林17,50-55,H16,2,
2004,長谷川幹夫,,,,,,富山県の天然林とその管理,実践編,森,林17別冊,1-122,H16,12,
2004,牧野徹,塩谷佳和,,,,,ウワバミソウの生育に適した林内の光環境の検討,,森,林17,32-35,H16,2,
2004,牧野徹,塩谷佳和,中井正樹,,,,ウワバミソウに適した光環境下における林床栽培の検討,,森,林17,36-39,H16,2,
2004,松浦崇遠,,,,,,リョウワスギの成長と生産力,,森,林17,22-31,H16,2,
2003,斉藤真己,,,,,,DANマーカーを用いた富山県のスギ挿し木品種および精英樹の分類,,森,林16,7-13,H15,3,
2003,柴和宏,中谷浩,鷺岡雅,,,,シベリア産カラマツによる強化LVLの製造と性能評価,,木,林16,24-31,H15,3,
2003,田近克司,水本克夫,,,,,建築廃木材の炭化および製品化技術の開発,炭化物の基本特性および吸放湿性能に及ぼす炭化条件の影響,木,林16,14-23,H15,3,
2003,西村正史,,,,,,富山県におけるマツノマダラカミキリ成虫の脱出消長,,森,林16,1-6,H15,3,
2002,相浦英春,,,,,,カワイダニスギ若齢林の成長と生産力,,森,林15,1-12,H14,3,
2002,図子光太郎,平英彰,寺西秀豊,劒田幸子,,,気象予報を用いたスギ花粉の日飛散量予測,,森,林15,25-32,H14,3,
2002,鈴木聡,鷺岡雅,,,,,北洋材等廃材の液化と接着剤化,,木,林15,41-49,H14,3,
2002,藤澤泰士,鷺岡雅,,,,,ロールプレスによるスギ表層WPCの製造,,木,林15,33-40,H14,3,
2002,松浦崇遠,,,,,,同一林地内に植栽されたボカスギとマスヤマスギの生産力と葉層の垂直分布,,森,林15,13-24,H14,3,
2001,嘉戸昭夫,,,,,,スギ人工林における冠雪害抵抗性の推定とその応用に関する研究,,森,林14,1-78,H13,3,博士論文
2001,図子光太郎,,,,,,氷見丘陵におけるスギの生育と主要な立地要因との関係,,森,林14,79-88,H13,3,
2001,中谷浩,秦正徳,,,,,スギ柱材の実大圧縮性能,,木,林14,89-94,H13,3,
2001,長谷川智,井上元康,,,,,ベイマツとスギによる異樹種積層材の曲げ強度,,木,林14,95-99,H13,3,
2000,石田仁,,,,,,光環境が温帯林主要種の更新樹の分布と伸長成長に及ぼす影響,,森,林13,1-96,H12,3,博士論文
2000,柴和宏,中谷浩,鷺岡雅,,,,地域産材を利用した異樹種積層材の製造と評価,,木,林13,107-113,H12,3,
2000,高橋理平,栗崎宏,塚本英子,水本克夫,,,スギ曲り材を利用したストランドランバーの製造(第1報),ストランドランバーの強度的性質,木,林13,120-126,H12,3,
2000,長谷川益夫,,,,,,富山県における木材の野外杭試験(第1報),19年間の被害度変化,木,林13,97-106,H12,3,
2000,水本克夫,藤澤泰士,塚本英子,高野了一,,,無機蛍光体による木材の表面装飾法について,,木,林13,114-119,H12,3,
1999,中谷浩,坂井正孝,橋本彰,秦正徳,,,シベリア産エゾマツの強度性能(第2報),含水率による曲げ強度性能の変化,木,林12,7-14,H11,3,
1999,西村正史,,,,,,スギカミキリ成虫の産卵数推定法,,森,林12,1-6,H11,3,
1999,藤澤泰士,水本克夫,高野了一,,,,フィルム転写による住宅用内装材の開発(第1報),針葉樹材へのフィルム転写技術の確立,木,林12,15-22,H11,3,
1998,栗崎宏,塚本英子,鷺岡雅,,,,富山県産スギ円柱加工材の薬剤注入性,,木,林11,35-40,H10,3,
1998,高畠幸司,,,,,,マンネンタケの子実体形成にともなう子実体およびその構成部位のトリテルペン類含有率の変化,,森,林11,1-6,H10,3,
1998,田近克司,鷺岡雅,沼田益朗,田村有希博,,,樹皮を利用した水稲育苗用培地の開発(第2報),保存ほうほうの検討,木,林11,41-46,H10,3,
1998,中谷浩,坂井正孝,橋本彰,島崎鶴雄,長谷川智,,シベリア産エゾマツの強度性能(第1報),構造用製材JASに基づく強度等級区分,木,林11,20-28,H10,3,
1998,長谷川益夫,,,,,,富山県産スギ3品種中径材の材質特性(第1報),気乾比重,平均年輪幅,材色,吸水量,注入量,木,林11,29-34,H10,3,
1998,松浦崇遠,,,,,,富山県における主要なスギ挿し木品種の成長特性と耐雪性,,森,林11,7-19,H10,3,
1997,相浦英春,,,,,,氷見市針木地内に成立するカワイダニスギ若齢林の生産力と成育経過,,森,林10,59-68,H09,3,
1997,相浦英春,,,,,,氷見市胡桃地内に成立するヒノキ壮齢林の生産力と成育経過,,森,林10,69-75,H09,3,
1997,平英彰,,,,,,照度が異なる林分に植栽したスギ稚樹の消長,,森,林10,54-58,H09,3,
1997,高畠幸司,,,,,,食用担子菌の成育に及ぼすカラマツ水抽出物の影響に関する研究,,森,林10,1-53,H09,3,博士論文
1997,田近克司,高橋理平,鷺岡雅,小池潤,沼田益朗,,樹皮を利用した水稲育苗用培地の開発(第1報),,木,林10,80-88,H09,3,
1997,長谷川智,井上元康,,,,,シベリア産カラマツ三層集成材の曲げ強度性能,,木,林10,76-79,H09,3,
1995,小林享夫,赤祖父?雄,,,,,富山県で記録された樹木病害と病原菌,,森,林09,92-100,H07,12,
1995,西村正史,,,,,,スギ林におけるスギカミキリによる被害発生機構の解明に関する研究,,森,林09,1-77,H07,12,博士論文
1995,藤澤泰士,水本克夫,高野了一,,,,常温横圧縮処理によるスギ表層WPCの製造,,木,林09,84-91,H07,12,
1995,水本克夫,高橋理平,高野了一,,,,カラマツアラビノガラクタンの製造(第3報),カラマツおよび異樹種鋸宵の冷水抽出物の比較,木,林09,78-83,H07,12,
1994,相浦英春,,,,,,氷見市小滝地内に成立するヒノキ壮齢林に関する調査,,森,林08,32-42,H06,12,
1994,石田仁,,,,,,富山県二次林の主要樹種の資源量(第1報),推定結果,森,林08,6-13,H06,12,
1994,平英彰,,,,,,東芦見屋根に発生したスギ実性の消長,,森,林08,14-18,H06,12,
1994,平英彰,嘉戸昭夫,,,,,スギの梢端折れについて,発生の一事例,森,林08,19-23,H06,12,
1994,高野了一,,,,,,樹皮抽出物による天然系接着ざいの製造(8報),製造コストの試算,木,林08,54-62,H06,12,
1994,高畠幸司,水本克夫,,,,,本邦産カラマツ水抽出物の食用きのこ菌糸体成長に及ぼす影響,,森,林08,24-31,H06,12,
1994,中谷浩,大森幹夫,,,,,富山県における在来工法住宅の木材使用実態調査,,木,林08,43-48,H06,12,
1994,橋本彰,長谷川智,島崎鶴雄,坂井正孝,中谷浩,,シベリア産エゾマツ正角材の乾燥特性(第1報),異なる含水率レベルにおける乾燥特性,木,林08,49-53,H06,12,
1994,長谷川幹夫,相浦英春,嘉戸昭夫,安田洋,,,雪食崩壊地の緑化に関する研究(第1報),稚樹の活着に関する問題点,森,林08,1-5,H06,12,
1994,水本克夫,高橋理平,田近克司,高野了一,,,カラマツアラビノガラクタンの製造(第2報),シベリア産カラマツにおけるアラビノガラクタンの樹幹内変動,木,林08,63-68,H06,12,
1993,嘉戸昭夫,平英彰,,,,,スギ品種間における冠雪荷重の比較,,森,林07,1-8,H05,12,
1993,茅原正毅,坂井正孝,,,,,シベリア産エゾマツ製材工場のレイアウトと生産性,,木,林07,27-48,H05,12,
1993,平英彰,,,,,,スギ雄花の栽培温度の変動と休眠覚醒について,,森,林07,15-17,H05,12,
1993,平英彰,,,,,,スギ品種による雄花の有効積算温度と発育限界温度の違い,,森,林07,18-21,H05,12,
1993,高野了一,,,,,,廃油加熱処理による高含水樹皮の燃料化,,木,林07,57-60,H05,12,
1993,田近克司,高野了一,水口吉則,,,,樹皮の土壌改良材としての利用(第2報),農業用高品質広葉樹バーク堆肥の製造,木,林07,49-56,H05,12,
1993,中谷浩,長谷川益夫,,,,,木製なだれ予防柵の開発(第2報),なだれ予防柵への積雪荷重の測定,木,林07,22-26,H05,12,
1993,西村正史,桐林秀雄,,,,,スギカミキリの被害が発生しやすいスギ林の特徴,,森,林07,9-14,H05,12,
1992,石田仁,,,,,,多雪地におけるヤマブドウのさし木増殖,,森,林06,1-7,H04,11,
1992,高野了一,,,,,,針葉樹樹皮フェノール性抽出物を利用した常温効果型接着剤の製造,,木,林06,50-58,H04,11,
1992,高畠幸司,,,,,,ナメコ二核菌糸体からのプロトプラストの作出とその再生,,森,林06,16-28,H04,11,
1992,高畠幸司,,,,,,シベリア産カラマツ材水抽出残渣の食用キノコ培地適性,,森,林06,29-38,H04,11,
1992,中谷浩,長谷川益夫,石田和人,飯島泰男,,,木製なだれ予防柵の開発,,木,林06,39-49,H04,11,
1992,長谷川幹夫,,,,,,スギ幼齢林における広葉樹稚樹の発生と分布,ミズナラを主とする二次林の伐採跡地における事例,森,林06,8-15,H04,11,
1991,石田仁,,,,,,富山県における温量指数と森林分布,,森,林05,1-8,H03,11,
1991,鷺岡雅,,,,,,木造壁体の実験住宅による断熱防露特性評価,,木,林05,30-41,H03,11,
1991,高畠幸司,,,,,,ヌメリスギタケモドキの生育温度,,森,林05,13-20,H03,11,
1991,田近克司,高野了一,水本克夫,茅原正毅,,,樹皮の土壌改良材としての利用(第1報),野積樹皮の成分経時変化と植物生育に及ぼす影響,木,林05,21-29,H03,11,
1991,中谷浩,,,,,,材木の冠雪害に関する樹木力学的研究,,木,林04,1-54,H03,3,
1991,長谷川幹夫,,,,,,ケヤキ人工林の植栽後6生育期間における成長と被害,,森,林05,9-12,H03,11,
1990,石田仁,,,,,,富山県の土地利用と森林の分布,,森,林03,1-9,H02,3,
1990,高畠幸司,,,,,,ヌメリスギタケモドキ菌糸体の培養特性,,森,林03,10-16,H02,3,
1990,水本克夫,高橋理平,,,,,カラマツアラビノガラクタンの製造(第1報),マグネシアによるアラビノガラクタンの精製,木,林03,17-24,H02,3,
1989,島崎鶴雄,武田和正,吉田直隆,,,,シベリア産針葉樹材によるドレストランバー製造試験(第4報),敷居,鴨居材における除湿敷乾燥の適用性,木,林02,30-37,H01,3,
1989,中谷浩,嘉戸昭夫,相浦英春,,,,材木の冠雪害に関する樹木力学的研究(第4報),被害林分に対する力学的解析の適用性,木,林02,23-29,H01,3,
1989,長谷川幹夫,,,,,,コナラ萌芽林の生産力,,森,林02,5-12,H01,3,
1989,長谷川幹夫,,,,,,富山県中部における広葉樹二次林の種組成と分布,,森,林02,13-24,H01,3,
1989,八川久,沢田隆司,,,,,黒部検定林における4産地スギの生長,,森,林02,1-4,H01,3,
1988,相浦英春,,,,,,ボカスギ人工林の生産力,,森,林01,11-19,S63,3,
1988,嘉戸昭夫,中谷浩,平英彰,相浦英春,,,ボカスギの幹折れに要する冠雪荷重,,森,林01,1-6,S63,3,
1988,坂井正孝,吉田直隆,島崎鶴雄,神子昭,,,原木形状の自動計測(第1報),画像処理による木口面の寸法計測,木,林01,41-48,S63,3,
1988,中谷浩,嘉戸昭夫,長谷川益夫,相浦英春,飯島泰男,,林木の冠雪害に関する樹木力学的研究(第3報),強度的性質の樹幹内分布,木,林01,25-33,S63,3,
1988,西村正史,,,,,,スギカミキリの卵および若齢幼虫の樹内分布に関する若干の知見,,森,林01,7-10,S63,3,
1988,八川久,沢田隆司,,,,,利賀検定林10年間の生長について,,森,林01,20-24,S63,3,
1988,元木英生,,,,,,建築用木質ボード類の耐朽性向上に関する研究(第2報),小片前処理削片板における各種低毒性防腐剤の効力比較,木,林01,34-40,S63,3,

とやま農林水産八研伝<中高生以上向き豆知識>

ページの先頭へ戻る