ホーム > 畜研だより

畜研だより

省力化を担保した丈夫な乳用後継牛を育成する高度哺育プログラムの開発

自走式ロールベーラを用いた大麦わらの回収効率およびロールベールサイレージに調製後の発酵品質

黒毛和種去勢肥育の現状

黒毛和種繁殖牛の分娩後子宮修復の評価法について (平成30年5月号)

平成30年度に取り組む重点研究項目を紹介します (平成30年4月号)

系統豚「タテヤマヨークU」維持群の連産能力〜母豚の産次経過にともなう繁殖能力の推移について〜 (平成30年3月号)

マスキング資材の簡便な使用方法 (平成30年2月号)

新年を迎えて〜現場ニーズに即した今後の畜産研究について〜(平成30年1月号)

トラッキング・システムによる豚の行動監視〜豚の行動から異常を検知する〜(平成29年12月号)

ニホンジカによる飼料作物への被害調査と対策の検討〜これから増加するニホンジカによる食害に備える〜(平成29年11月号)

第66回北信越畜産学会大会開催 (平成29年10月号)

国産飼料確保に向けた様々な研究の紹介〜地域産の飼料利用の安定的な確保にむけて〜(平成29年9月号)

黒毛和種繁殖牛の代謝プロファイルテストについて〜和牛の繁殖性をよくするために〜(平成29年8月号)

木材クラフトパルプはウシの飼料となる〜林畜連携で安定的な自給飼料生産〜(平成29年7月号)

富山県飼料作物奨励品種等の指定改廃(平成29年6月号)

超音波診断による黒毛和種肥育牛の肉質推定技術〜産肉形質の経時変化と枝肉出荷成績との関係〜(平成29年5月号)

平成29年度に取り組む重点研究項目を紹介します!(平成29年4月号)

母豚の繁殖管理技術に関するリーフレットを発行しました!(平成29年3月号)

畜産経営の悪臭対策〜悪臭対策は減臭対策。好気処理が決め手〜(平成29年2月号)

「タテヤマヨークU」の能力を知って活かす(平成29年1月号)

第65回北信越畜産学会新潟大会開催(平成28年12月号)

体外発生培地への不飽和脂肪酸の添加が牛体外受精胚に与える影響(平成28年11月号)

タテヤマヨークUの肥育成績〜季節による肥育成績の違いを解析し、改善対策の必要性を理解する〜(平成28年10月号)

ドライエイジングによるプレミアム牛肉の生産技術の解明(平成28年9月号)

人工哺育における黒毛和種子牛への初乳給与(平成28年8月号)

暑熱及び寒冷期の発酵TMR給与が黒毛和種去勢牛の生産性およびルーメン性状に及ぼす影響(平成28年7月号)

大麦わらサイレージの飼料利用の取組み(平成28年6月号)

超音波診断による黒毛和種肥育牛の肉質診断技術(平成28年5月号)

平成28年度に取り組む重点研究項目を紹介します。  (平成28年4月号)

母豚の生産性向上技術への取り組み(続報)〜簡易測定器を利用した交配適期および妊娠診断技術について〜  (平成28年3月号)

悪臭対策にマスキング剤はいかが 〜悪臭を隠すもの〜 (平成28年2月号)

ガラス化性判別受精卵の直接希釈法による生存性への影響〜性判別受精卵の庭先での融解と直接移植を目指して〜(平成28年1月号)

第64回北信越畜産学会富山大会開催(平成27年12月号)

受精卵移植で生産された和子牛の哺育技術〜経費を抑えつつ良好な発育を目指して〜(平成27年11月号)

種豚選抜に有効なDNAマーカーの検討〜新系統豚「タテヤマヨークU」の造成を利用して〜 (平成27年10月号)

ラクトフェリンは第一胃エンドトキシン活性の上昇を抑制する (平成27年9月号)

肥育後期牛への飼料用米多給技術 〜発酵TMRで県産飼料の利用率が6割に!〜 (平成27年8月号)

「タテヤマヨークU」、豚系統認定から1年が経過 〜「タテヤマヨークU」の能力を知って活かす〜 (平成27年7月号)

肉用肥育牛向け大麦わらサイレージの調整・貯蔵技術の開発〜地域の資源を生かして国産粗飼料を確保〜  (平成27年6月号)

県産未利用農産物の飼料化技術の検討 〜国産飼料の自給率の向上を目指して〜(平成27年5月号)

平成27年度に取り組む重点研究項目を紹介します。  (平成27年4月号)

母豚の生産性向上技術への取り組み 〜簡易測定器を利用した発情確認技術について〜  (平成27年3月号)

実規模生物脱臭プラントの運転・維持管理について〜稼働4年目を終えて〜  (平成27年2月号)

養豚における浄化処理排水中の環境負荷物質低減について  (平成26年12月号)

高泌乳牛における泌乳平準化を図る 〜新たな周産期栄養管理技術の開発〜  (平成26年11月号)

種豚選抜に有効なDNAマーカーの検討 〜新系統豚「タテヤマヨークU」の造成を利用して〜  (平成26年10月号)

性選別精液活用によるウシ受精卵生産技術 〜性選別精液を利用して効率的な産み分けを〜  (平成26年9月号)

肥育後期牛への飼料用米多給と生稲わらサイレージの給与技術 〜県内産飼料を多給した牛肉生産を目指して〜(平成26年8月号)

大ヨークシャー種新系統豚「タテヤマヨークU)」が完成  〜繁殖能力と枝肉品質の向上を目指して〜 (平成26年7月号)

河川堤防刈草の飼料利用について〜地域の未利用資源が飼料になる〜 (平成26年6月号)

オレイン酸を指標とした県産肉牛評価技術の開発〜 牛肉の新しい価値を求めて 〜(平成26年5月号)

平成26年度に取り組む重点研究項目の紹介(平成26年4月号)

種豚選抜に有効なDNAマーカーの検討(平成26年3月号)

飼料用米を混合した発酵TMRの調製法(平成26年2月号)

大麦わらサイレージも飼料として利用できる(平成26年1月号)

第62回北信越畜産学会石川大会開催(平成25年12月号)

乾乳期の栄養水準と分娩後の卵巣周期回復(平成25年11月号)

新たな大ヨークシャー種豚の系統造成の状況について(平成25年10月号)

肥育後期黒毛和種去勢牛への飼料用米多給技術(平成25年9月号)

選別精液活用による受精卵生産(平成25年8月号)

新しい大ヨークシャー種豚の能力調査について(平成25年7月号)

畜産排水における環境負荷物質低減技術の開発(平成25年6月号)

簡易で牛へのストレスが少ない黒毛和種向け過剰排卵処理法(平成25年5月号)

・供給候補初妊牛のお知らせ

平成24年度富山県畜産関係業績・成果発表会(平成25年3月号)

大麦わらサイレージ調製・貯蔵技術の開発(平成25年2月号)

平成25年を迎えて(平成25年1月号)

最近の話題
・第61回北信越畜産学会開催
・前坪主任研究員が北信越畜産学会賞受賞

機能性サプリメント給与による高泌乳牛の繁殖性改善技術の開発(平成24年11月号)

稲こうじ病に罹った籾米を採卵鶏に給与して大丈夫なのか(平成24年10月号)

最近の話題
・福島県に牧草を提供
・日本胚移植研究会が富山で開催
・「丘の夢牧場ふれあいフェア2012」を開催します

吸引通気式による堆肥化と農林副産物を活用した生物脱臭(平成24年9月号)

離乳子豚への飼料用米給与技術(平成24年8月号)

食品製造残さの家畜への給与技術の開発(平成24年7月号)

乳用牛向け飼料イネの品種比較と給与(平成24年6月号)

平成24 年度に取り組む試験研究課題を紹介します(平成24年5月号)

平成23 年度富山県畜産関係業績・成果発表会(平成24年3月号)

種豚(W)の繁殖成績について(平成24年2月号)

第60回北信越畜産学会長野大会開催(平成23年12月号)

乳用育成牛に飼料用米を給与して飼料自給率の向上を!(平成23年10月号)

黒毛和種繁殖牛の年齢と産子の発育の関係(平成23年9月号)

富山県産「レバ刺し」は大丈夫か(平成23年8月号)

黒毛和種における肝臓廃棄と枝肉価格との間に関連性は認められない(平成23年7月号)

肥育後期牛への生稲わらサイレージ給与は牛肉中のビタミンE含量を高める(平成23年5月号)

平成23 年度に取り組む試験研究課題を紹介します(平成23年4月号)

平成22 年度富山県畜産関係業績・成果発表会(平成23年3月号)

豊富な農林副産物を利用して堆肥の発酵臭気を脱臭(平成23年2月号)

経腟採卵-体外受精技術による優良牛作出(平成23年1月号)

育成期の黒毛和種去勢牛に対するイネWCS 給与技術の開発(平成22年12月号)

青刈り稲を活用した高泌乳牛飼養管理技術の開発(平成22年10月号)

飼料米給与が離乳子豚の飼養成績に与える影響(平成22年9月号)

牛乳を飲んでメタボ予防(平成22年8月号)

飼料添加物が豚の繁殖成績に及ぼす影響(平成22年7月号)

パーコールを用いた牛受精卵の客観的選別法(平成22年6月号)

県内産稲わらのサイレージ利用で飼料自給率向上(平成22年5月号)

平成22年度に取り組む試験研究課題を紹介します(平成22年4月号)

米の畜産飼料としての活用について(平成22年3月号)

平成21年度富山県畜産関係業績・成果発表会開催(平成22年3月号)

経膣採卵を用いた体外受精卵の生産技術(平成22年2月号)

自給飼料の効率的な給与に基づく優良後継牛生産のための育成管理技術の開発(平成22年1月号)

地域の特性を活かしたエコフィードの利用(平成21年12月号)

養豚における飼料米給与技術(平成21年11月号)

とやま農林水産八研伝<中高生以上向き豆知識>

ページの先頭へ戻る