ホーム > 概要・研究内容

概要・研究内容

(1)肉用牛生産振興
【品質向上対策事業】
繁殖や血統等のデータおよび枝肉成績を利用し、県内の肉用繁殖雌牛の育種価等の分析を行う。 (酪農肉牛課)

(2)家畜改良増殖対策
【乳用牛群総合改良推進事業】
乳用雌牛群の能力検定成績を、分析センターとして加工・分析を行う。(酪農肉牛課)

【畜産共進会開催事業】
共進会において、家畜の改良成果を審査等する。 (酪農肉牛課・養豚課)

【優良種豚導入供給体制整備事業】
養豚連が導入したデュロック種のうち優秀なものを、種畜供給センターにおいてSPF化、維持等を行う。 (養豚課)

(3)飼料総合対策
【飼料生産総合対策事業】
畜産農家の粗飼料・土壌・堆肥の分析と分析診断システムの改善を行う。 (飼料環境課)

(4)畜産物安全性確保推進事業
【飼料安全性確保強化指導事業】
流通飼料の栄養性分析を行う。 (酪農肉牛課)

(5)種畜等供給事業
【乳用および肉用雌牛の供給】
優良な雌牛の供給を行う。

【乳用および肉用牛の受精卵の供給】
優良雌牛から採取した受精卵の供給を行う。

【種豚の供給】
優良種豚の供給を行う。(種畜供給センター)

とやま農林水産八研伝<中高生以上向き豆知識>

ページの先頭へ戻る