ホーム > 沿革・組織

沿革・組織

沿革 (農業・園芸・畜産研究所)

大正 9年
富山県種畜場創立
昭和33年
庶務、技術の2課を置く
  35年
富山県畜産試験場に改称、飼料課を新設
  37年
富山県農業試験場城端分場を富山県酪農経営実験農場に改称し、畜産試験場の分場とする
  46年
庶務課、飼育課、種豚課及び飼料課の4課に組織改正
  57年
総務課、飼養技術課、育種改良課及び飼料環境課に組織改正
  60年
富山県酪農経営実験農場を廃止し、育種改良課分室とする
  63年
育種改良課分室を廃止し、業務を(社)富山県農地開発公社肉用牛センターへ移管
平成 6年
種畜供給センターの設置に伴い、施設を畜産試験場に移管
平成 9年
婦負郡婦中町に移転新築し、総務課、企画情報課、養豚課、酪農肉牛課、飼料環境課に組織改正
平成15年
農業技術センター畜産試験場に改組され、総務課、企画情報課を農業技術センターに移管し、
酪農肉牛課、養豚課、飼料環境課の3課体制となる
平成20年
農林水産総合技術センター畜産研究所に改組
平成24年
大家畜供給センターの施設、家畜を畜産研究所が継承

組織

  <所属課> <主な業務>
所 長    
副所長    
  酪農肉牛課 ○高泌乳牛の管理技術に関する研究
○「とやま牛」の改良・増殖と高品質牛肉の生産技術に関する研究
○牛の繁殖・受精卵移植技術に関する研究
  養豚課 ○系統豚「タテヤマヨークU」の維持・利用及びSPF豚の飼育管理技術に関する研究
○DNAマーカーを利用した育種手法に関する研究
○豚の肉質評価・改善に関する研究
  飼料環境課 ○飼料作物の栽培と草地の維持管理技術に関する研究
○自給粗飼料・堆肥の品質評価に関する研究
○家畜ふん尿の処理・利用と悪臭防止に関する研究
○飼料イネ等地域未利用資源の調製・貯蔵・利用技術に関する研究

とやま農林水産八研伝<中高生以上向き豆知識>

ページの先頭へ戻る